スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントラル駅 午後10時



友達とご飯を食べて、家に帰るところでーす。

日本に比べて夜の娯楽が静かなシドニーでも、

セントラル駅は午後10時でこの賑わい。


明日はまだ金曜日ですよね・・・

仕事・・・どうしようかな・・・




banner.gif
行けや!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ




スポンサーサイト

ジェルネイルを自分で落としてみた

今回の出張中のジェルネイルですが、

以前自宅で格安でお願いしていたのに、

プロになったのでもうできなくなった友達が、

「できるよー」と言ってくれたのでお願いしました。





彼女がプロになってちょうど1年ぐらいですが、

その手際のよさと仕上がりの美しさがすごく上達していてびっくり。


出張中もまったく剥げたりせず、ガッチリ持ちました。

が、まる1ヶ月も経ったので落とさないといけません。

でも次はネイルをお願いするつもりはないので、

落とすためだけに忙しい時間を調整してもらうのも悪いなーと思い、

思い切って自分で落としてみることにしました。





ジェルネイルは、普通の除光液ではなく、

専用のアセトンで落とさないといけないのですが、

今回1回だけのつもりなので、高価なモノは買いたくない。


プライスラインで物色してみると、アセトン入りの除光液を発見!

小さいボトルでお値段も4ドルと手頃です。


爪の表面にやすりで傷をつけて、

小さくカットしたコットンに除光液を浸して爪にのせ、

蒸発しないようにアルミホイルでくるみます。

待つ事約10分でふやふやしてくるので、

それを甘皮用の木のスティックで剥がせばOK!


と、軽々しい気持ちでやってみましたが、思ったよりずっと大変。

利き手の右手で左手の作業をする分にはいいのですが、

右手の作業を左手でやるのは超大変〜。

落とすだけなのに全部で1時間半ぐらいかかってしまいました。

疲労困憊。


12月に日本に帰ったら、

友達が教えてくれた最新のお手軽ネイルを試してみるつもり。

ふっふっふっ 詳細は秘密です。

また報告するのでお楽しみにー




banner.gif
ネイルも高いからなー

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ






つくれぽだー

最近ずっとハマっていたゲームをやっと完クリしたので、

突然時間がたくさんできてしまいました。

ムーミンが仕事に行く前に「甘い物が食べたーい」って言ってたので、

珍しくクッキーなど焼いてみました。





本当は友達がくれたレシピの、

「健康マクロビクッキー」が作れればよかったんだけど、

材料が全然揃わなかったのでネットで見つけたシンプルレシピです。

Cpicon ソフトクッキー♡かなりしっとり❁ by ぴぴぴの子

ちょっと我々には甘過ぎたけど、しっとりしておいしくできました。

次回は砂糖を減らしまーす。

残念ながら今回は「まずれぽ」入りせず。




banner.gif
うまそー

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



陪審員の呼び出し

可哀想なムーミンは、

陪審員の呼び出しを受けたため、

明日、仕事を休んで裁判所に行かなければなりません。

なぜかムーミン、2−3年に一度は必ず呼び出しを受けてるんですよね。

毎回呼び出しに応じて裁判所には行きますが、

そこからはいろいろ理由を見つけて、

実際には陪審員をやらずに済んでいますけどね。


日本でも今は陪審員制度がありますが、

どうなんですかね、このシステム。

ムーミンはフルタイムではなくカジュアルベースなので、

呼び出されて仕事を休むとその分収入が減ります。

私のようにフルタイム勤務だと給料に影響はないのでいいんですけど。

オーストラリア国籍ではない私には関係ない話。


月曜日は朝イチから授業なので、

裁判所に行く時間はもちろん働く事ができません。

時給にすると結構なロス。

ムーミン、怒り狂いなら裁判所に行きます。

担当者の方、覚悟しといてください。





先週撮った写真。シドニーはベストシーズンを迎えてますよん。





banner.gif
また呼び出されたんかいな・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



続・陪審員の呼び出し

陪審員の呼び出しを受けたムーミン、

私よりも朝早い電車で渋々出かけて行きました。

初めて呼出しを受けたのが7年ぐらい前で、今回が4回目。


1回目は、大学の試験日と重なるからと、事前通知を出して免除。

2回目は、裁判所に向かう途中、一緒に電車に乗っていた私が、

なんと急性胃痙攣で救急車で運ばれたため、電話で連絡して免除。

(後日診断書を提出した)

3回目は、自分が教師としてHSCを担当しているため、事前通知で免除。

そして今回の4回目は、試験日とは重なっていませんが、

TAFEのコースを受講中なので本当なら事前通知で免除されたはずが、

書類をよく読まなかったので通知が間に合わず出頭するはめに。


裁判所についてから、免除申請の書類に記入して、

待つ事・・・約2時間!

その間「もしも陪審員に選ばれたら」という説明があります。


まず、原則として陪審員は1回やればそれでもうお役御免。

2回以上やらされることはないそうです。


しかし初めての呼び出しの時に免除申請をしてしまうと、

その後、あまり間を置かずに次の呼び出しをくらってしまいます。

要するに、一旦陪審員の呼び出しリストに載ってしまうと、

陪審員をやるまで、優先的に呼び出され続けることになるのです。

ムーミンのように、その都度免除理由が正当であったとしても、

2回目、3回目と断ると、呼び出される間隔がせまくなっていきます。


更にやっかいなのが、回数を追うごとに、

期間の長い裁判に呼び出されてしまうのです。

1回目の裁判が2週間だとすると、2回目は3週間、

3回目は5週間というように、

断る回数に比例して裁判期間が長くなるのです。


そして陪審員に選ばれてしまうと:

・ 最初の11日間の日当は1日104ドル(約8500円)

  (但し会社員の場合は会社が負担)

・ 12日目以降の日当は1日280ドル(約23000円)

・ ランチはサンドイッチ

  月・火・水は「普通のサンドイッチ」

  木・金は「グルメサンドイッチ」=バターの量が増え、トマト入り

・ 自分でランチを持参してもいいけど、その場合は裁判の全期間持参すること

・ 裁判の関係者と接触しないよう、裁判所の正面入り口は利用できない

・ 関係者と接触しないよう、裁判所近辺でコーヒーとか買ってはいけない

・ 万が一関係者と一言でも口をきいた場合(例:ぶつかって「あ、すみません」)、

  その裁判は最初からやり直しになる

・ 交通費の補填は片道30セント (約25円)


などなど。興味深い規定がいっぱいあります。

しかし「交通費片道30セント」って、いつの時代の話ですかね。


で、問題のムーミンですが、

免除申請は無事受け付けられたのですが、

思いがけずこんな提案をされました。


「あなたは今回の裁判については免除されますが、

呼び出しリストに載っているので、

間を空けずまたすぐ、もっと長い裁判に呼び出されます。

しかし今回に限り、

政府と大学が提携して行っている、あるリサーチに協力してくれれば、

陪審員を務めたとみなし、呼び出しリストから外されます。

従って、この先二度と呼び出されることはありません」


もちろんムーミンはリサーチに協力することにしました。

政府がNSW大学、チャールズ・スタート大学と提携して行っている

"Perception of child sexual abuse cases"

「児童への性的虐待に対する考え方」というテーマのリサーチで、

児童が当事者として証言をする際の陪審員の反応を調べるためのようです。


約1時間半かけて大量のアンケートに答え、

実際の裁判のビデオを見て質問に答えたりし、

なんとか無事に「お役御免」となりました!


午前中が潰れてしまい仕事にも行けませんでしたが、

もう一生呼び出されることがないのであればお安いもんです。

だってもし次回、2ヶ月ぐらいの長い裁判に呼び出されて、

正当な免除理由がなかったとしたら、

本当に陪審員をやるハメになるかもしれないですからね。

いくら日当をもらっても、ムーミンのように、

カジュアルとフリーランスの仕事をしている人には大損害。


「私はちょっとやってみたいかなあ、会社員だから経済的な損害はないし」

と言うと、「でも児童虐待のケースだったらどうする?」と訊かれました。

今日リサーチで見た実際の裁判のビデオでも、

被害にあった子供の生々しい証言があり、

それだけでも「トラウマになりそう」なんですって・・・そっか・・・


何はともあれこういうワケで、

ムーミンは晴れて陪審員呼び出しリストから外れる事ができました。

めでたし、めでたし。




今日ダウンロードしたアプリ「マンガ・カメラ」でキムを撮影。



<追記>

説明がクリアじゃなかったですが、

ムーミンが何度も何度も呼び出されるのは、

自分から「できません」と理由をつけて断っているからです。

ちゃんと呼び出しに応じて選択課程を経て、

結果的に陪審員として採用されなかった場合はまた別です。

同僚のジョンは、2回呼び出しに応じたけど陪審員として採用されず、

その後はもう何年も呼び出されていないそうです。





banner.gif
朝メッチャ機嫌悪かったもんなあ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


続きを読む»

ギャンブラーになった一日

「オーストラリア中が一瞬止まる」とまで言われている、

年に一度の大騒ぎの日が今日でした。

そう、メルボルン・カップの日。


たかだか競馬に何をそんなに大騒ぎするのか、と毎年思いつつも、

仕事がダラダラモードでもオッケーの日なので、

その恩恵にだけ預かるつもりでした。


去年までは会社のスウィープにも参加してましたが、

昨年1等の馬が当たったのに、

配当が10ドルちょっとしかなくガックリだったので、

今年はスウィープも断って部外者となる予定でした。

過去のエントリー 競馬祭り


が、一通のメールによりその状況が変わったのです!

「3年連続勝ち馬を3位まで当てた友達が、今年はこの3頭が絶対くるって」

という凄いお知らせが、なんとオーナーから届いたのです。

これは買わねば!

同じように考えた同僚の男性と一緒に、昼休みに馬券を買いに行く事に。

馬券は通常TABというギャンブルセンターみたいなとこで買うのですが、

「マーティン・プレイスに臨時のTABができてたからそこへ行きましょう」

と同僚が言うので目指したところ・・・



長蛇の列・・・

5つぐらいの受付に、各30人ぐらい並んでいます。


こりゃいかんということで普通のTABを探してみると、

ジョージストリート沿いのパブのドアに小さくTABとサインがあるのを発見。

奥まったところにあるので思ったより混んでなく、5分ほどで無事買えました。

人生初の馬券購入。

しかし列に並んでいる周囲で皆ガンガンお酒を飲んでいるので、

馬券を買い終わった頃には同僚とどちらからともなく、

「一杯飲んで行こうか」ということになっちゃいました。



ハズレ馬券が散乱するテーブルで、

ドッグレースのモニターを見ながらワインを一杯。

なんて退廃的な昼休み・・・気分は蛭子能収。


オフィスに戻ると、

すでにワインやスナックが用意されてたので、

外で飲んできたのもバレず、平然と2杯目をいただく私。


その後は案の定仕事になりませんでした。

あ、レースの結果ですか?


もちろん外れましたよ!


我々が買った3頭は、途中までは確かに1、2、3位で健闘したけど、

最後の50Mであっと言う間に抜かれてしまいましたとさ。

ガセネタを流したオーナー、オフィスから出て来ませんでした・・・


ま、こんなもんですよ。

初めての経験ができて楽しかったからいいです。

でも来年はただワイン飲むだけにしときますけどねっ




banner.gif
100ミリオンの宝くじは?

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


当たりの電車

仕事が終わっていつものように電車を待っていたら、

ホームに入って来た電車の印象がいつもと違う。


車内に入ってみてその理由が判明。

これ、新車だわ



ゴミ一つない車内には、かすかに新しい塗装の匂いが。

窓ガラスもピカピカ、

シートも新品で超きれい。

電光掲示板もニュースタイル。

アナウンスの前に鳴る音も初めて聞くタイプ。


キョロキョロしてみましたが、

そんなことに興奮しているのはどうも私だけの模様。

皆なんでそんなに普通にしていられるのだ。

これは新品の電車なのだよ!

めったに乗れないんだよ!


昨日の100ミリオンの宝くじには、

皆ハズレちゃったけど、

この電車は当たりじゃないか!



・・・と心の中で叫んでみました。



前の席に座った人が、

こ汚いキャリーケースを床に置かずシートの上に載せたのを見て、

「ああ、もうっ、汚れるやんか」と思った私は、

文庫本には必ずカバーをかけるタイプです。



banner.gif
ただの貧乏性やがな

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ






オホホなフードコート

シドニーのシティにはたくさんのフードコートがありますが、

その中でもオホホなのがここ、チフリー・プラザのフードコート。



オペラハウスに近いエリアにある高級ビジネスビル。

今はどうか知りませんが、以前はたくさんの日系企業も入ってました。




こんなオホホなビルで働く人もランチは食べないといけませんから、

ちゃんとフードコートがあるのです。

先日友達と行ってきました。




そこで私が食べたのはこのサンマ定食。

チフリー・プラザには、東(アズマ)という高級日本食レストランがあるのですが、

それと同じ系列のもっと庶民的なお店、

トントンがフードコート内にあるのです。


サンマ定食、これで9ドル(約750円)です。

味もまあまあおいしかったですが、残念な減点ポイントが。

それは・・・大根おろしがついてないこと!

レモンでごまかそうとしてますが、

オージーは騙せても日本人は騙せません。


10ドルにしてもいから、大根おろしつけてほしいわ、アズマさん!



banner.gif
きれいなフードコートやったな

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ





ウイグル料理!

シドニーの素晴らしいところは、

世界各国の本場料理が手軽に楽しめること。



友達が「ウイグル料理を食べに行こう!」と言うので、

ムーミン、友達、私の3人で行って来ましたチャイナタウン。




「ウイグル料理」なんて初めてトライします。

ウイグルは中国の領土ですけど、イスラム圏なのでとても迫害されています。

そういう地域の料理が食べられるなんて

さすが移民の国、シドニー!




オーダーしていきなり出て来たのはラム肉の炒め物。

ちょっと辛いけどおいしい!




サイドディッシュは紫キャベツの酢漬けとウイグルスタイルのポテトサラダ。




ナスの炒め物。絶品!




羊の腎臓の炒めたの。栄養満点って感じ。




BYOなのでワインも持ち込みました。

左の白は友達持参のハンターバレーのセミヨン。

右は我々持参の赤。3人できれいにカラにしました。




ものすごく久しぶりに行ったチャイナタウンは、

マーケットが開催されていたのもあってすごい賑わい。

安くておいしそうなお店もいっぱいオープンしていて、

ウロウロするだけでもとっても楽しかったです。


ウイグル料理、これだけ食べてお腹いっぱいになって、

1人20ドルでした! (約1700円)   ワイン別。



うーん、満足。



banner.gif
移民の国はいいなあ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



飛行機の席が取れない!

誰か助けてください

日本帰国のために12月中旬のJAL便を確保したのですが、

まだ1ヶ月以上も先だというのに、座席がとれないのです!

そんなことって、ありえる???


JALのページから、予約フライトの座席指定のページには行けるのですが、

空いている席があと4席ぐらいしかない!

しかも全部バラバラで、隣り合わせの座席が空いてないのです。


不思議なのは、画面に出て来る座席が180席分ぐらいしかなくて、

ビジネスクラスを除外したとしても、エコノミー席が少なすぎるような??


もしかして団体用にたくさん席が押さえられているのでしょうか?

そしてその席は、1ヶ月前とかにリリースされるのでしょうか?

旅行会社の人から言われたのは、

「並んだ席がとれませんでした。チェックインの時にトライしてみてください。」


こんなことって初めてなので、何がなんだか分かりません。

長時間のフライトで、ムーミンと離ればなれもちょっとなあ・・・


どなたかアドバイスをください〜 お願いします〜





banner.gif
しかも空いてるの真ん中席だけやしなあ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



プロフィール

寒苦鳥

Author:寒苦鳥
シドニーに14年住んでる昭和世代のサラリーウーマンです。子供もペットも育ててないけれど、夫ムーミンと二人で毎日おもしろおかしく暮らしています。

最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カテゴリ(古い順)
ちょっと自慢
月別アーカイブ(古い順)
ランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
リンク
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。