スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たーこーたーこ揚がれ〜

新年明けましておめでとうございます。

ムーミンは無事に明け方の4時頃、

爆睡中の私を起こさないように戻って来ました。


さて、昭和のお正月の風物詩のひとつに凧揚げがありますが、

今日はそれをシドニーで再現してみました。



形は懐かしのゲイラカイト型ですが、

描かれているイラストはピカチューです。


チビジェダイのために買った物ですがムーミンが横取りしてしまい、

「子供のころ、ケニアで手作りの凧を飛ばしたぜえ」と、

寝不足の血走った目で息巻いておりました。

でも私よりヘタクソでした。


シドニーは電線のない広い公園が多いので、

凧揚げにはもってこいですね。ほとんど見た事ないけど。


とまあこんな具合に元旦というよりはただの週末のような感じで、

水辺の公園でピクニックをして過ごしたのでした。


よい1年になるといいですね。



banner.gif
暑かったな・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

スポンサーサイト

微妙な空気

年明け最初の出勤日は普段とまったく変わることなく、

朝だけ数人とHappy New Year!って声を掛け合ってましたが、

午後から会った人とはもう普通。


ランチルームで一緒になった同僚女性が、

私が着ていたジャケットを見て「あらそれいいわね!」

と話しかけてきました。

普段は当たり障りのない話しかしない人だし、

とりたてて特徴もないカジュアルなジャケットなので、

社交辞令かと思って「ありがとう」と流したら、

「どこで買ったの?」「ちょっとよく見せて」と、

本気でいろいろ訊いて来ます。

「私が探してるのがまさにこれなのよねえ。

色もデザインも生地も何もかも理想的だわ〜

やっぱりいい服は日本なのねえ、

シドニーで売ってるならすぐ買いに行くのに!」

ととっても残念そう。


居合わせた他の同僚たちは、我々の会話をシーンと訊いています。

そこに流れる微妙な空気の意味を、私もしっかり感じています。

なぜなら・・・この同僚・・・

職場の最高齢


60才は余裕で超えていて、

もはやおばさんですらなく、明らかにおばあさんの貫禄。


そのおばあさんが欲しがるジャケットを私が着ているという事実に、

私も含めて複雑な心境になったワケです。


035_convert_20140102203917.jpg

ああ、これこれ、私が探してた水着。

まさに理想的だわ、ミランダちゃん、どこで買ったの?



banner.gif
まあそこそこおしゃれな・・・おばあちゃんやけどな

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ




ダイオウグソクムシダイエット

昨年の同じ時期にもこの記事を読み、

「へえ〜」と感心したものですがすっかり忘れ、

今年またこの記事を読んで「まだっ!」って思い出しました。

鳥羽水族館:深海生物ダイオウグソクムシ 絶食6年目に突入


動画も見ましたが、まさに巨大なダンゴムシですね。

何かが・・・気に入らないんでしょうねえ。


もしかして、

水族館がつけた名前が原因でふてくされてるんじゃないでしょうか?

No 1 って・・・・ひどくないですか?

このキラキラネーム全盛の時代に!

001ならまだサイボーグみたいでかっこいいのに。


私も年末年始食べ過ぎているので、

キッパリ絶食してダイエットをせねば。

でも、途中でリバウンドして太ったりしてるんですよね、No 1。

なのであまりお勧めなダイエット方法じゃないのかもしれません。


もっといい名前をつけてあげましょう。

ハンストくんとか、断食くんとか。




banner.gif
深海に帰りたいちゃうんか・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


弱虫パンチ

最近シドニーで頻繁に起きている事件に、

King-hit (キング・ヒット)というのがあります。

理由もなく通りすがりの無防備な人の頭をいきなり殴りつけ、

重傷や死に至らしめてしまう、いわば通り魔の暴力です。


これまで被害に遭っているのは、それほど遅くない時間に、

ごく普通に友達と繁華街を歩いていただけの、

100%何の非もない若い男の子たちです。


加害者はだいたい逮捕されてるみたいですが、

酔っぱらってたのか、テスタストロンの過剰分泌なのか、

彼女にいいかっこしたかったのか。

まあ、理由らしい理由なんてないでしょうけどね。


昨日の新聞で、被害に遭って亡くなった男の子の遺族が、

King-hit という表現を使うのを止めるように訴えていました。

無防備な人間をいきなり殴るという行為に対して、

King-hit という言葉が、

あたかもかっこいいことのようなイメージを与えているからです。

代わりに Coward punch という表現を使うべき、とのこと。


Coward は臆病者、弱虫、意気地なし、という意味なので、

日本語にすると「弱虫パンチ」という感じでしょうか。

確かにこっちの方が行為を正確に表現していますね。

警察、政府もこの訴えに概ね同意しているようなので、

今後はこちらの表現が使われていくのかもしれません。


日本でも昔、

誰かが同じようなことを書いていたのを思い出しました。

「暴走族」と呼ぶのを止めて「ウンコ族」と呼べばいい、

というような文章でした。

今調べてみたら、一部の警察で「珍走団」と呼んだり、

沖縄では「ダサイ族」と呼んでいるそうです。

でもメディアが協力してくれないと浸透しないでしょうねえ・・・


ちなみに King-hit は、どうもオージー英語のスラングのようです。

他の英語圏では何て表現してるんでしょうね?


いずれにせよ、

こういう救いようのない行為がなくなることを切に願うのみです。



banner.gif
「猫パンチ」やと猫に失礼やしなあ・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ








暑かった日曜日



暑かった今日は、

ムーミン妹一家とムーミン母が来るので、

半日掃除に費やしました。

普段やってないと、こういうイベント時に大騒ぎになりますね。

ブレイクタイムは昼過ぎたらもうワイン。






banner.gif
まだホリデー気分やの

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

プラットホーム



いつも私が電車に乗る、

サーキュラーキー駅のプラットフォームは

電車の中から見るとこんな感じ。

大晦日の花火のために設置されたパネルも撤去されて

またいつものいい眺めが戻りました。


「眺めの良い駅」の世界ランキングがあれば、

必ずトップに上がってくるでしょうね。




banner.gif
ビューテフォー!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ぼったくりシドニートレイン

昨日の朝、ムーミン母がまたインドへ旅立ちました。

今回も3ヶ月の滞在。

いくら母国とは言え、年齢的に相当キツくなってきてるようです。


本人の家からだと遠いので前日は我が家に泊め、

朝ムーミンが空港へ送っていくことになっていましたが、

ムーミンだけよりも私もいた方が効率がいいので同行しました。


無事にムーミン母のチェックインを済ませ、

私は空港から電車でシティの職場へ。

空港からの電車に乗るのは初めてだったので、

どんな感じかな〜と期待してましたが

まあ訊いてくださいよ、空港からシティまでの電車賃。



片道でなんと17ドル20セント(約1600円)!

たかだか20分ほどの距離ですよ!!!


もうね、ひどすぎるわシティレール。

あ、じゃなかったシドニー・トレインズ。

知らん間に名前もロゴも変えてるけど、

ぼったくり体質はShity Rail のまま。

過去のエントリー:シティレール

エアポート・リンクなんて格好つけた名前だけど、

私が乗ったのはふるーい型のごく普通の車両で、

荷物置き場なんかもなく、空港対応まったくしてません。


職場に着いてぶーたれていると、

空港近くに住んでいる同僚が言いました。

「空港から電車に乗るとあまりにも高いから、

次のマスコット駅まで歩いてるバックパッカーがたくさんいるよ。」


そうなんです、駅の並びで言うと、

国際線駅 → 国内線駅 → マスコット駅 → シティエリアへ 

なのですが、国際線駅からシティまで乗ると17ドル20セント。

国内線駅からシティまでは16ドル40セント。

そしてマスコット駅からシティは3ドル80セント。


要するにたった一駅の違いでも、

「空港利用客からはぼったくってやろう」という方針なのです。

ひどいでしょ。


私、シドニーは好きですけど、

空港周辺ビジネスには本当に腹が立ちます。

不慣れな人、分からない人、選択肢があまりない人から搾取してますよね。

駐車場もものすごーく高いし、

スタッフは感じ悪いしシステムは効率悪いし。


海外の皆さん、できれば船で来て!


banner.gif
ワースト空港にランキングしてるしな

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


シドニー空港からボンダイへ

昨日の記事にメルボルンのsowhatさんが

「トランスファーでシドニーに一泊した時に、

高すぎてシティに出れない」とコメントをくれました。


そこで同じようにトランスファーでシドニー空港に着いた方に、

お勧めの方法を考えてみました。

それは・・・

400番のバスでボンダイに行ってしまいましょー!


Burwoodというアジア系の多い西部の街から、

Campsie というコリアンタウンを経由して

東部のBondi Junctionへ向かう400番のバスがあるのですが、

なぜかこれが途中で空港を通るのです。


インターナショナル、ドメスティックのどちらからも乗れ、

Bondi Junction の駅まで1時間ぐらいで着きます。

料金がちょっと正確に分からないのですが恐らく5ドル前後のはず。

くれぐれも間違って逆方向行きのバスに乗らないように。

アジアに向かってしまいますからね。


Bondi Junction駅についたら、

そのまま近辺のお店を散策してもいいでしょう。

巨大なウェストフィールドショッピングセンターもありますから、

免税店で買い忘れたシャネルのバッグもゲットできます。


そしてBondi Junctionから、また少しバスに乗って

有名なボンダイビーチに行ってみるのがお勧めです。

カフェもお店もいっぱいあるし、何よりビーチがいい〜


もしくはBondi Junction から電車に乗れば、

たった10分でシティのど真ん中、

Martin Place に到着します。3ドル80セント!


どうでしょうかね? 

ああでも、大きなスーツケースがあると難しいかなあ。

空港にロッカーってあるんですかねえ?

あってもきっと高いでしょうけど・・・





banner.gif
結局同じぐらい高くつくか・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ











年賀状

職場に日本のクライアントから年賀状が届きました。



日本から海外へ向けて送るためのカードみたいで、

こんなに素敵なデザイン。中身は英語。




そして消印をよく見たら、なぜかフランス語?

大阪の藤井寺はフランス語圏だったのか!


banner.gif
ボンジュール、もうかりまっか〜

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

新年会

仕事関係の新年会的な食事会があり、こんなすごいものが。



値段が分からなかったので、よけいおいしく感じました。


今年も仕事、頑張らないとねえ。



banner.gif
ワインもいっぱい飲んだがな!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
プロフィール

寒苦鳥

Author:寒苦鳥
シドニーに14年住んでる昭和世代のサラリーウーマンです。子供もペットも育ててないけれど、夫ムーミンと二人で毎日おもしろおかしく暮らしています。

最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カテゴリ(古い順)
ちょっと自慢
月別アーカイブ(古い順)
ランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
リンク
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。