スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学ばないアメリカ

またアメリカで銃の乱射事件が起きましたね。


ニュース記事によると、

事件のあったコロラド州では18才以上で犯罪歴がなければ銃が購入でき、

しかも登録制になってないとか。

コロラド州と言えば、例の有名なコロンバイン高校事件もありました。


アメリカでは憲法で「個人が武器を所有する権利」が謳われていて、

これが銃規制ができない根拠だそうです。


アメリカほどではないしにても、

オーストラリアも昔は銃規制が緩く、各州に判断が任されていました。

でも1996年にタスマニアのポート・アーサーというところで乱射事件が起き、

それをきっかけに政府が規制を強化したため、

日本と同じく、普通の人が銃を持っていることはまずありません。


銃がごく普通の家庭にあり、小学生が学校へ持って行ったり、

幼児がおもちゃにして事故になったり、アメリカは凄まじいですよね。


20年前にアメリカへ留学した時は、

セールス・タックス(消費税のようなもの)がないという貧相な理由で

オレゴンを選びましたが、今だったら銃規制が厳しい州を選ぶと思います。

ウィキペディアで見た限りでは、ワシントンDCと意外なことにニューヨーク州が厳しい。

逆に緩いのはヴァーモント州ですって。


いろいろ自己矛盾のある国ですが、世界中に武器を輸出しているワケですから、

その点は首尾一貫していると言っていいかも。

魅力と力のある国なのに残念です。


l_77390_0310793_6699e376.jpg


アレルギーでボーッとしていて「おもしろ脳」が活動せず、

普段は隠れている「シリアス脳」が活性化してしまいました・・・






banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シリアス脳(笑www
日本もどんどん怖い国になってましゅよね・・・
ただ歩いてるだけで、車が突っ込んで来る殺人が起きてましゅしね・・・
本人が死にたいからって、一人で勝手に氏ねやって毎回思う犯罪で、死刑を望み過ぎでしゅ・・・ 
マジ、歩道を歩くのが怖くなってきました・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽんさんへ

私も、歩道でも駅でも、前に立たないようにしています・・・
プロフィール

寒苦鳥

Author:寒苦鳥
シドニーに14年住んでる昭和世代のサラリーウーマンです。子供もペットも育ててないけれど、夫ムーミンと二人で毎日おもしろおかしく暮らしています。

最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カテゴリ(古い順)
ちょっと自慢
月別アーカイブ(古い順)
ランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。