スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニオンのお祝い

今日はムーミンの8才になる姪のセレモニーに参加するために、

カソリック教会に行ってきました。



セレモニーの名前は「ファースト・ホーリー・コミュニオン」

すでに赤ちゃんの時に洗礼を受けているカソリックの子供が、

8、9才になった時に経験するセレモニーで、

「自分の意思でカソリック信者となります」という意思表示の大事なイベント。

このセレモニーを経験することで、

いわゆる「キリストの血と肉」の象徴である、

ワインとコミュニオン(煎餅みたいなもの)を、

教会のミサで口にすることができます。


8、9才の子が「自分の意志でカソリック信者になる」

という選択ができるとは思えませんので、

あくまでも儀式的なものですね。


一般的には洗礼の方がメジャーですが、

カソリック信者にとってはこの「ホーリー・コミュニオン」の方が、

重要なイベントのようにお見受けしました。


なんせ子供はもう赤ちゃんじゃなくて大きいですから、

女の子だと素敵な白いドレス、男の子もそれなりに着飾ります。

セレモニーは定例ミサの一部をこのイベントに費やす形で、

近隣のカソリックスクールとコラボして、

該当する年齢の子供たちが時間別に20名ずつぐらい参加します。


セレモニーは賛美歌と神父の言葉が代わりばんこで、

立ったり座ったり謳ったり膝まづいたり、なかなか忙しい1時間。


終わってからは家に帰って大々的なパーティ。

1才の誕生日でさえこんなに盛大じゃなかったので、

親の入れ込み具合が伺えます。

誕生日と違って子供の友達は呼んでおらず、

あくまでも親族や親の教会友達がメインでした。


パーティになってしまえば飲んで食べて楽しく過ごすだけなので

どうということはありませんが、

問題だったのは姪っ子ちゃんにあげるお祝い。


コミュニオンでは宗教的なモノをお祝いにあげるのが普通だそうです。

十字架のネックレスや宗教的な小物、教義にもとづいた本など。

しかし我々、カソリック信者でないばかりか、

ムーミンにいたってはカソリックから意図的に離れた人なので、

我々が宗教的なものを渡すのはちょっと変だよね、という感じ。


そこで職場の同僚にきいたり、ネットでリサーチした結果、

コミュニオンで最も無難なお祝いは・・・

お金!

という結論に至りました。


金額については社会的な立場とかもあっていろいろだと思いますが、

我々が選んだ金額は30ドル(約2500円)

リサーチ結果が20ドルから50ドルという感じだったのでこの数字に。


ムーミンはあまり気に留めていませんでしたが、

私としては他の人がどんなお祝いをあげるのか、

「30ドルの現金」に姪っ子ちゃんがどういう反応をするのか

とても興味があったので、彼女がお祝いを開ける現場を密着取材。


その結果、彼女のテンションが高かった順位は以下のとおり:

1.現金

2.それ以外(宗教的な本、DVD、アクセサリー、文房具など)


というワケで、現金が圧勝でした。

もちろん金額が高いほど喜ぶに決まっていますが、

我々の30ドルは、私がもっていたかわいい日本のポチ袋に入れてあげたので、

それもポイントが高かったようです。


というワケで、コミュニオンのお祝いに悩むノン・クリスチャンの皆様、

ポチ袋に入った現金

でオッケーですのでご安心ください。

「おめでとう」って書いたカードを一緒に渡せば完璧!


他の人からのお祝いの金額から判断すると、

近い身内=20−50ドル

知人・友人の子供=20ドル

というのが庶民の相場のようです。


「コミュニオン お祝い」で検索してこのページにたどりつかれた方、

貴重な情報を得る事ができてよかったですね!





banner.gif
想像以上に大きなイベントやったな

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本の子供達も同じですが、8歳にして現金が一番って大人の影響って凄いですよねー。

私の日本の甥っ子達の思い出ですが、本当に小さい頃はお札よりもコインが嬉しかったらしく、お年玉は「500円」でした。でも小学校に入った頃にはお札じゃないと喜ばないという可愛くない子供に…。

今は離れてるのをいいことに小遣いもお年玉も渡してない、ダメな伯母です(汗)。

お年玉のポチ袋、コミュニオンのお祝いでも大活躍~
ポーランド系友達の姪っ子のファースト・コミュニオンの
写真をつい最近見たけどなんだかミニ・ウエディングのような
感じだった。すごいね~

うぇずりさーんへ

欲しがるものもゲームとかだったりして、難しいですよね、最近の子は。

元気なゾウさんへ

そうなの、結婚式なみの大騒ぎ。ま、いい思い出になるでしょうけどね。

ポチ袋、ウケて良かった感~~☆
日本も入学祝とか、結局現金だもんなぁ~って思いながら読んでました。
イタリアのブロガ~さん宅の息子様がこうゆうのやられてました。
やらないと、学校で一人ぽっちになるので、イタリアで生きて行くにはやらざる負えないって感じだそうでしゅ。
世界的にクリスマスのプレゼントも現金ってお声も聞く様になりました。
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽんさんへ

クリスマスプレゼントに現金!私は嬉しいけど、子供にあげるのは勇気がいりますな・・
プロフィール

寒苦鳥

Author:寒苦鳥
シドニーに14年住んでる昭和世代のサラリーウーマンです。子供もペットも育ててないけれど、夫ムーミンと二人で毎日おもしろおかしく暮らしています。

最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カテゴリ(古い順)
ちょっと自慢
月別アーカイブ(古い順)
ランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。