スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルボルンのバス事件

昨日からネットやテレビのニュースで話題になっているのが、

「メルボルンのバス車内で起こった人種差別事件」

簡単にまとまっているABCのニュース記事はこちら


私が理解している事件のあらましは、

夜10時半頃に、メルボルン市内のバスに若者のグループが乗り、

そのうちの1人がフランス語で歌を歌い出した。

すると乗客の1人の男が「英語で話すか死ぬかしろ!」と怒り出し、

同じく乗り合わせたその他2名も便乗し、

フランス人女性を攻撃的で汚い言葉で罵倒・威嚇・侮辱したというもの。

そのうちひとりはバスを降りた後で外から窓ガラスを割ったとか。


その様子を乗り合わせていた男性が録画しており、

YouTubeにアップするとともに警察へ通報。

バッチリ顔も声も映っている3人を現在警察が捜索中。


動画を見ると分かるのですが、3人ともいわゆるまともな身なりの

ごく普通の人たちで、窓を割った男はなんと小さな子供連れ。

オーストラリアには人種差別を罰する法律があるため、

彼らはこの法律をもとに罰せられる可能性が高いそうです。


今頃どんな思いでいるのでしょうか。

一族の恥さらしになってしまったことは間違いないでしょう。

仕事にも行けてないかもしれません。

懲りて反省していることを祈ります。



banner.gif
ひどい話やなあ・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

YouTube見て来ました。人種差別と器物破損の点は相容れないものがあるけど、この3人がなぜここまで怒ったのかな?歌を歌って居たというフランス人は一番後ろに乗っていて3人はバス後部ドアより前側に乗っていて、ある程度の距離がありますよね?さらにあれだけ混んでいる(豪スタンダードで)バスで酔っていなさそうな3人が怒るって、歌っていたというのはどのくらいの大声&ハジケ方&内容だったのか…。

バスにはくまなく後部座席部分にもセキュリティカメラが付いてるから、裁判などに進む場合は音声はなくともフランス人グループの動き(ノリノリだとか)も解析はされるんでしょうが、現時点では顔を公表されてしまった3人は相当なダメージのはず。今頃は家族や友人に指摘されて出頭してる頃かも。

今回は「レイシスト」という点が注目されてますが、もし「歌を歌っていたのがフランス人(白人)ではなくアジア人だったら」ここまでニュースにならなかったかも…って思っちゃうのは私の考えすぎでしょうか?差別をした側も酔っ払いや若者ではなく普通の大人だったからというのもあるでしょうが、バスや電車での細かい諍いは結構あると思うんですよ。

というのも、私も怒った人がバスの窓を割る状況を2度目撃した事があります(こえーよシドニー)。でも乗客の中には喧嘩(暴言)の仲裁に入る人、動画をとる人、警察に通報する人とオーストラリアのよい点を見る事も出来るんですよね。まー窓の割れたバスで走る訳には行かないので、他の乗客も代替のバスが来るまで待たされるというとばっちりは受けますが。

オーストラリア…住みやすい夢の国じゃないんですよね。今回のニュース、絶対にポーリン・ハンソンにコメント求めてるだろうな。

うぇずりーさんへ

こういうニュースって、後から詳細がいろいろ分かってくるし、自分がその場にいたワケじゃないのでコメントするの難しいと思うのですが、仮にどれだけフランス人が騒いでいたとしても、脅迫じみた言葉で脅すのって、いただけないですよねえ。最初ニュースのヘッドラインを見た時にはてっきりアジア人が対象だと思ったのに、フランス人でちょっとびっくり。しかし今の時点でまだ身元が判明してないのもちょっと不思議な気がします。
プロフィール

寒苦鳥

Author:寒苦鳥
シドニーに14年住んでる昭和世代のサラリーウーマンです。子供もペットも育ててないけれど、夫ムーミンと二人で毎日おもしろおかしく暮らしています。

最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カテゴリ(古い順)
ちょっと自慢
月別アーカイブ(古い順)
ランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。